常々、技術書などは大きい画面で読みたい欲求があって、Amazon Fire HD 10がリニューアルされるのを今か今かと待っていました。2017年10月11日に第7世代のFire HD 10が発売されたので、早速購入しました。パッケージも中身もとてもシンプルです。

スペックをAmazon Fire HD 10(第7世代)と手持ちのAmazon Fire HDX 8.9(第3世代)で比較してみました。

機種 Fire HD 10(第7世代) Fire HDX 8.9(第3世代)
発売 2017年10月 2014年11月
価格 18,980円~ 40,980円~
ディスプレイ 10.1インチ 8.9インチ
解像度 1,920×1,200ドット
(224ppi)
2,560×1,600ドット
(339ppi)
CPU クアッドコア
1.8GHz×2、1.4GHz×2
クアッドコア
2.5GHz
メモリ 2GB 2GB
バッテリー 10時間 11時間
内部ストレージ 32GB/64GB 16GB/32GB/64GB
OS Fire OS 5 Fire OS 4
外部ストレージ microSD なし
サイズ 262×159×9.8mm 231×158×7.8mm
重さ 約500g 約375g

Fire HD 10(第7世代)とFire HDX 8.9(第3世代)を並べてみました。

Fire HD 10(第7世代)とFire HDX 8.9(第3世代)を並べてみた

Fire HD 10(第7世代)はベゼルが狭いため、画面はFire HDX 8.9(第3世代)より一回り大きいですが、横幅は同じくらいです。レスポンスはもともとFire HDX 8.9(第3世代)がかなりオーバースペックのため、いまのところFire HD 10(第7世代)にも不満はありません。

Fire HD 10の気に入っている点

Fire HD 10の頑張って欲しい点

画面が大きくこのスペックで20,000円切っているのは(32GBモデル)すごいと思います。が、Fire HDX 8.9(第3世代)と比べると約120gも重く(iPad(第5世代)と比べても30gほど重い)、2mm厚いので、ベッドで寝ながら映画を見たりする用途には向かなそうです。個人的にはFire HDX 8.9の後継機や12インチのFire HDが欲しいので、Amazonさんよろしくお願いいたします。

photo & illustration by ivanov