福岡市でグロースハック、データ分析とサイト製作、webデザイン教育を行っています。

仕事を受けない決意

日常

2017年9月15日 金曜日

フリーランスになって大事だなと思うことがいくつもあります。そのひとつが「仕事を受けない決意」です。

報酬が不当に安い案件や、逆に高額でも納品までに時間がかかりすぎると思われる案件は受けないことにしています。下限も上限も目安があり、金額だけでなく、それにかかるであろう時間の見積もりも踏まえた上で決めています。

高い報酬の案件の場合、それが本当に自分だけで完了することができるのか、また、納品までにどのくらいの期間がかかるのか、その間の収入はどうするのかを考えることは大事だと思います。自分以外の人にもアサインするとなるとさらに大変です。それを考えずに報酬が良いからと二つ返事で仕事を受けてしまうことはとても危険です。

不当に安い案件の場合、受けて納品したらお金にはなります。お金は大事なのでそこで受けることが悪いとは思いません。けれど、不当に安い案件と言うのは存外時間を取られるものです。また、安い報酬で難しい案件を受けたときに、その人の価値は「難しい案件もこなせる」ということより「あの人は安い」ということがブランドになってしまいます。納期に追われ家族や自分のための時間がない毎日は、何のためにフリーランスになったのか、いずれ分からなくなるのではないか不安になるくらい、あなたを追い詰めるかもしれません。

仕事やお金はもちろん大事なのですが、あなたの時間やあなた自身のブランドも大事だと思うのです。

BGM:Stay on these road by a-ha

photo by Salvatore Ventura at StockSnap.io

send mail